「完全治癒への扉」へようこそ

半断食療法 > 可能性を示した意味あるがん告知


患者さんにとって最も大きな関心事は、今自分がどのような状態にあるのかでしょう。
癌ではないのか?、治るのか?、今後どんな治療を受けなければならないのか?・・・
など、どんどん膨らんでいきます。


仮に癌だとして、ひと頃より患者さんへの癌の告知するケースは多くなっているようです。

普通は病院の先生から家族の同意を得た上で告知されます。
初期の癌の場合は、治療法を説明し
高い治癒率で完治すると安心させながら告知します。
ステージ3以上の場合はまず患者の家族の方へ状態を説明し、本人への告知の判断を仰ぎます。
しかしここでは治癒することを期待させるような告知ではなく、延命の説明に重点を置いたものになります。

癌が治るという告知ができるためには


プロとしての治療の基本は受け持った患者の病気を治すことが大きな目的ですので、延命するための説明はしてはいけません。
そうかといって治せる見込みを持たないのに嘘を言って治ると言うのはもっとよくないことです。
西洋医学や代替療法の垣根を越えて知った上でなければ、患者の余命を告知することはあってはならないことです。

ではどのように告知すれば良いかというと、まず病気は自然治癒力を引き出すことで治ることを医者は知らなくてはなりません。

粉ミルク断食治療室で加藤先生は、多くの末期癌患者に対して「粉ミルク断食の治療を続けることにより、大丈夫治るので安心して受けてください」としか言いませんでした。

患者に「あと余命は・・・」などとは決して言ったりせず、実際多くの末期癌患者さんを治してきました。

こんな事実があるのに医者が患者に余命云々を告知するということは大きな罪に値すると思います。
医者に余命宣告されることで、癌患者はどれほど寿命を縮めることになっているかを知っているのでしょうか?
ステージ3,4の癌患者さんにも医者は可能性を提供しなければなりません。

スポンサーリンク

粉ミルク療法治療室での告知は


癌告知を境に患者さんやご家族をとりまく環境が大きく変わります。

告知後、世話をするご家族にとっては隠し通していくことの精神的な負担が軽減でき、患者さんにとってはいずれ通過しなければならないポイントを早めに通過し、次への切り替えができ る等、今後の治療にはプラス面の方が多いのではないでしょうか。
そして患者さんを含む家族全員が一丸となり治療に取り組みやすくなるでしょう。
妻がお世話になった粉ミルク断食治療室でも、がん告知からが治療の始まりでした。

そこでは多くのがん患者さんがいらっしゃる部屋で、主催者である加藤清先生が妻を皆さんに紹介してくれる流れのなかでさらりと告知をして下さいました。

その後患者のみなさんから励ましをいただきながら温かく迎え入れていただいたお陰で、妻にとっては自然に受け入れられたようでした。

私にとって難しい課題だった告知をスッと通過させていただいたことは、とてもありがたいことでした。

患者さんによってはその直後からしばらくはショックを受け辛い状態がありますが、時間と共に自分の病気に対する疑心暗鬼の状態から解放されたこと、まっすぐに病気に向き合うことが できるようになったことを理解でき、次へのステップへ進むことができるでしょう。

ステージの高い患者さんのなかには告知される前から薄々感じておられる方もおられるかもしれませんが、しかし不安は日を増すごとに募っていきます。
本人は大変なストレスを抱えながらも、家族にはその思いをストレートに伝えることは難しい心理があります。

とても気の毒な状態で、早くそこから解放させてあげたく思います。

しかしその病気が治癒することを本人に理解させてあげられれるだけの説明ができないと、患者さんに希望を持たせてあげながらの告知はできません。

加藤先生は、重度の患者さんにもただ告知したわけではなく、高い治癒の可能性を示しながら「あなたの癌は治るので安心しなさい」という告知でしたので、大きな後押しになりました。

加藤先生の粉ミルク断食治療を受けに来られているの患者さんの多くは病院から見放されたステージの高い、様々な部位の癌患者さんが多かったにもかかわらず、高い確率で社会復帰され ておられ、そこに希望がもてる根拠が確かに存在しておりました。

施術士は、自然治癒力ベースで病気が治癒する原理を判りやすく患者さんに説き、「治らないはずがない」と思えるようになってもらえたら、もう半分は治ったようなものと私は思いま す。

「治らないはずがない」と思える状態は潜在意識からの意思で、心身をその向きへ自動的かつ強力に導き実現します。

不安がいっぱいで「治らないはずがない」と、その手がかりもないのに闇雲に自分に言い聞かせても効果は期待できません。
半断食療法や水断食療法により強力に自然治癒力を引き出し、それによって難病を治癒する原理はとても簡単でどなたにも取り組みやすく、私達に与えられた大きな宝です。

この理解が不安材料を消去していく手がかりとなっていきますので、これを何度も反すうしながらさらに理解を深め、自分のものとして「治らないはずがない」の意識をつくり上げていき ます。
このとき大事なことは「治らないのではないか・・・」という向きの心配や不安は何の助けにもならず、逆に潜在意識へ落とし込まれ、心配した事を引き寄せてしまいますので避けなければなりません。

このように病気治癒には患者さんの実のある高いモチベーションとその維持が大事なことですので、完全治癒への道筋を患者さんが描き続けられるよう、お世話をする人の補佐はとても大 切です。

ゴールを見せてあげる大きな効果


患者さんの生命力を喚起するためには、 ゴールを見せてあげることが大きな力になりますので、 施術者あるいは世話をする人は患者さんへ寄り添い、ゴールへの道筋を少しづつ先へ進めて上げられるようなお手伝いがとても効果的です。

その結果これまで難しいといわれてきた癌治癒へ高い可能性を感じ、病気への不安と恐れから解放され治療へ取り組むことができるようになれるでしょう。

患者さんにとって治癒への道筋がイメージでき、確信できるようになるまではただでも時間がかかりますので、施術者は 適切な対応ができて無駄な時間をかけずに済むような計らいも求められます。

こうした前提が有っての癌告知は治療に大きな効果を果たしてくれるものと信じております。


スポンサーリンク


このページに関連する記事
癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

ゴールを見据えて着実に
マラソン選手が40キロメートル以上の長い距離を走りきれるのは、技術と体力によるものだけではありません。

「できないわけがない」の心理
私達が日常の動作でなにげなくこなせていることにも「できないわけが無い」という心理が陰ではたらいております。 病気の治療で患者にこの心理状態を作り出せたらとても効果的です

後がない状況下での治療法の選択
病院から離れてもう一つの治療法へ乗り換える決め手はどこにあるのでしょうか?

水断食体験のすすめ
断食効果はブドウ糖を身体のエネルギー 源にしないで、ケトン体をエネルギー源とするように身体をシフトすることで癌を消滅させていくことが考えられます。

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざまなかたちで現れ、また出る時期や期間も個人差があります。

病気からくる不安への対応
不安の原因は、病気の治癒に関してまたそれに付随する先行きの見通しがきかないということがあります。不安の解消には、病気が完治するとわかっている状態になることが最も重要


半断食療法 > 可能性を示した意味ある癌告知

↑ PAGE TOP