「完全治癒への扉」へようこそ

半断食療法 > 癌の種類によらない治療法


粉ミルクを使った半断食療法治療室で私達が治療を受けていた期間には、胃癌、肺がん、乳がん、肝臓がん、白血病など様々な部位の様々な種類の癌患者さんが、一緒に合宿生活しながら 治療を受けていました。

病院での癌治療の場合は、癌の種類(様々な名前がついているようですが)によって治療の取り組み方が異なるのが普通です。
代表的なものとして手術、放射線、抗癌剤投与があり、またそれぞれ薬や放射線の
種類そしてそれらの処方の仕方は細かく区分されております。
その分治療は複雑になり、医師の判断も難しくなり医療ミスも発生していきます。

一方、半断食療法(粉ミルク療法)による治療は癌の種類や部位などによらず、一つのプログラムで治療を実施します。
基本的に粉ミルク
を400ccのカップに溶き、それにに生卵(全卵)2個を 混ぜたものを1食分として朝、昼、夕食の時間に飲み、午前、午後それぞれ20分くらいづつの全身マッサージを受け、その合間に20~30分くらいの散歩程度の軽い運動を1日のスケ ジュールとして一定期間続けることです。

これでたくさんの患者さんが治って社会復帰してきました。
しかもここに来られる患者さんたちは病院で見放された方、あるいは余命宣告を受けた重度の方がほとんどでした。

高度な医学知識、設備、技術で患者に向き合っている専門医なはずなのに癌患者を助けて上げられず、それが粉ミルクを飲み、全身マッサージを受け、散歩して助かるのは完全に歪んでいることは他のページで取り上げております。

このページで取り上げたいのは癌の種類や部位によらず、粉ミルクを使った半断食療法(ファスティング)1本で完治する事実についてです。

これから何が言えるかということです。

  • 1、 癌の種類や部位によって処置や薬などそれぞれの取り組み方を使い分ける、病院での医療のありかたは、視点が医療の本質から逸れている。

  • 2、癌の種類や部位によらず、一つの治療 法 (ファスティング)で治すことが可能である。


こう言えると思います。
粉ミルクを使った半断食療法一つで、様々な種類のしかも病院から見放された
多 くの重度の癌患者が治った事例から、これは明らかなことです。

私は妻の付き添いで半断食治療の合宿生活を体験し、患者と同じ治療プログラムを体験しました。
その後自分の体調を崩したときには毎回ファスティング(断食療法)で治してきました。
風邪や坐骨神経痛、気管支炎、インフルエンザ、また古釘を踏み抜いたときもそうでした。
すべて
ファスティングで治しました。
癌に限らず他のい ろいろな不具合を治すのには1つの処置のしかた、つまりファスティングで用が足りるということになります。
病院へ行かなくても個人で治せるということです。
もちろん薬も必要ありません。

すべての症状に関して試したわけではありませんので、あらゆる病気に対応できるとはいいませんが、それにしてもこれまでの常識を見直さなければならないレベルと思われ、いろいろな症状で検証してみる価値は大いにあると思います。

ただし、1型糖尿病を抱えている方はファスティングを実施すると危険だということは確認されております。

最も死亡率が高い癌だけでも、この簡単なファスティングで高い確率で完治できることが一般化されたら、私達は大きな安心を手にすることになります。
現に私達夫婦をはじめ一部の方たちは、体調を崩しても病院に世話になることもなく各自ファスティングを実施して解消しながら、この大きな安心の中で生活しております。

みんながこれまでのように癌の発病にびくびくすることなく、仮に発症したとしても自宅療養で、放射線や抗癌剤による辛い副作用とは無縁で、しかも高い確率で完治できることが浸透していったらどんなに安心な世界が広がっていくことか知れません。
実現することを心より願っております

ス ポンサーリンク
 




このページに関連する記事

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小 さいため 取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法
半断食療法で完治して

最先端の医療技術と設備を備えた病院が治せなかった癌を、食事の摂り方を変えただけで完治したことは私達にとって嬉しかったことはもちろん、しかし同時に大きな衝撃でした。
夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム
水準の高い文明国の健康管理とは

本当の文明国なのであれば、中年以降も少なくとも病院とは縁が無く、充実した第二の人生を送れるようでなくてはならない。
副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。
断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。


半断食療法 > 癌の種類によらない治療法

↑ PAGE TOP