「完全治癒への扉」へようこそ

半断食療法  >  半断食を「 健康経営」の理念に


近年の急速なグローバル化の流れの中で、会社員はその波に乗り遅れないためにも年々ハードな環境に晒されてきております。
そのため体調不良を抱える社員は増え、会社としてもこれを軽視出来なくなり、社員の体調管理は企業として重要な取り組みとなってきております。

そうした会社経営の一環として社員の肉体とメンタルの両面からの健康管理をもう一つの経営の課題とし、その上で従業員の活力向上や生産性の向上に繋がることを見込んだ「健康経営」の 理念で運営指向が起こるまでになり、経営セミナーの機会も多くなってきております。

またこの取り組みは会社のイメージアップにつながりますし、今後は企業として力を入れていく動きが加速していくことと思い ます。

近年、癌の発症率のデータによると2人に1人という驚くべき数値となっていおり、これは企業として戦力の大きな損失にななりますのでできるだけ避けたいところです。

基本的に病気が発症してから治療という順序は企業側からも好ましいとは言えず、予防に勝る治療は無いということからここを「健康経営」の柱として社員の方たちに徹底していただくことが理想的です。

病気の予防法としてはいろいろな取り組みがあろうかと思いますが、信頼のおける方法を数種類社員に提示し、それぞれ体質や好みに合うやり方を選択してもらい実施の徹底をはかるというのも一つの方法かと思います。
ここで選択肢を用意することのメリットは自主性を喚起することに
なり自己管理の継続に繋がります。

企業として社員へ健 康管理について指導しても、社員はなかなか実施してくれないものですので、それを行動に移すのには取 り組みやすい環境とその動機をつくってあげるところから取り組まなければなりません。

日常生活の中で飲 酒を控えるとか喫煙量を減らすとかは漠然としすぎて、なかなか達成できないことはよくあることです。
このように自身の健康管理は痛みを伴なわないとなかなか継続できないという難しさがあります。

その解決策としては、良く自己管理されている社員には企業から何らかの評価を示すことで、社員に目的意識をもたせ、自主的な自己管理の継続に導く方法もあります。

健康管理の状態を示すデータをとるためには定期的な社員の健康診断によります。

一 般的な健康診断は社員の定期的な健康診断を行って、あとはその結果によって自己管理を銘々に任せる取り組みがほとんどかと思います。
普段何も自己管理していない社員はこの結果が出るのを心配しながら受け取ります。
このストレスは小さくないため身体にとって良いことはなく、
こうしたことを無くするためにはやはり普段からの健康管理が大切です。

それには取り組みやすく、継続しやすく、効果的なものが望ましいものです。
ここでお勧めするのは、少食によって自然治癒力を引き出し、様々な身体の不具合を改善できた前例が多い半断食やソフト断食です。

予防効果も高くまた表面化してはいない不具合の種を取り除いてくれますので、二重に管理してくれる優れた方法です。

手軽に取り組めてしかも確実に効果が発揮され、定期健康診断の結果を恐れることも少なくなっていくでしょう。
また会社からの評価も上がっていくため社員の健康管理のモチベーションも維持されていくことが期待されます。

社員の健康維持を高 い効果で叶え、会社にとっても社員にとってもそれによる経済的負担がほとんどありませんので理想的な方法です。

是非取り組んでいただきたいと思います。


半断食療法  >   がん治療と会社勤務の両立

↑ PAGE TOP