「完全治癒への扉」へようこそ

半断食療法 > 後がない状況下での治療法の選択


難しい病気にかかると普通は実績のある病院を探して、そちらへすべてをお任せすることがほとんどの方の選択です。

その結果癌や難病指定のものになると著名な病院でさえ望ましい治療結果が得らないこともあります。

病院で一定期間癌治療を受け、患者が深刻な状況の場合は本人または家族の方へ病気の状況の説明があり、場合によっては余命を宣告され、今後の病院側による延命処置の説明・・・という経過をたどります。

それは患者や家族の方にとって大きな選択を求められていることです。

病院にこれ以上頼っても助からないため、他の治療方法からの選択を考えるか、このまま病院に任せるか、決めなければなりません。

重篤な病状になり余命を宣告され、命に関わる治療法の選択を民間療法など病院以外からということになると、本人やご家族にとっては大きな障壁があります。
私たちに埋め込まれた常識(現代医療)を疑っての行動をとるということは、常識を超える知識を得たか、頭が狂ったかどちらかの結果によります。

何とか頭の切り替えができたとしてその次には様々な種類の民間療法の中から信頼感のある療法の選択、治療を受けられる施設の選択など、不安ななかに暗中模索を強いられます。

このサイトでは、重篤な患者さんあるいはその関係者の方達に、こんな困難さをくぐり抜けていかなくても良いように、私たちの体験を通した一つの道筋を共有していただきたいという思いがあります。どうぞ読み進めてくださいますよう。

本人が、あるいは大切な人が命を脅かされ後がない状況にさらされそれが精神に作用し、様々な常識を超越しあらゆる可能性を優先した考え方へ切り替わるきっかけにもなりえます。
常識という枠から解放されたお陰で思考回路の自由度が開かれ、偏見のない視界が広がり、そのものの本質を見ようとし始めるでしょう。
私達には見ようとすると見えてくるものがあります。

これまでやり過ごしてきた大事なことも再び心によみがえってきたりします。

たくさんの癌患者さんが様々な民間療法により助かっている事実を拾い上げていきながら、こうした可能性がまだまだあることを知っていただきたいと思います。

これまで学んできたことに固執せず様々な角度から探り当てた結果、自然の摂理あるいは生命観にリンクする治療法は限られてくることでしょう。
そんな中から自分の感性に合い、心に留まった治療法を選択していくことで治癒する可能性が高いものになると思います。

断食療法(ファスティング)を理解し妻の困難な病状を克服できた一連の経緯から、その後私達は病院にはお世話になっておりません。
実際、体調不良が生じたときには水断食療法で解消してきました。
事故で大怪我をした場合は病院での処置を受けなければなりませんが、最小限の処置で済ませたあとは水断食療法で傷を癒す方法を摂るつもりでおります。

上に記載したように、「私たちは現在、医療に関する常識という枠から解放されたお陰で、思考回路の自由度が開かれ、偏見のない視界が広がっている」という感覚で過ごしています。

スポンサーリンク


新しい治療法へ踏み出す決め手はどこにあるのでしょうか?


これまでは病気を治療するのは病院だという常識へ疑う余地がなかったことから、短い間に方向転換を強いられたわけですから、深い溝が消えないのは無理もありません。

経験的にどなたもわかることでいうと、行動を起こすまでになるためには「頭では分かっているが・・・」レベルだと不足だということです。

人の命に関わることを数通りの治療法の中から一つ選ぶための要素は、まず情報を届けてくれた相手の信頼度と、その治療法を理解しその効果のレベルの高さの納得は大事な条件ですが、決意するまでにはもう一つの後押しが必要です。

ある選択を決断してその方向へ身体が動くまで のプロセスは、頭で理解する「理性」ではなく「感情」が支配しております。

「分かっている」ではなくて「思っている」あるいは「信じている」という、「受け入れる心」が出来上がってはじめて行動を伴なう選択に繋がります。

実際の場面では、重篤な患者をかかえてそんなに時間をかけて「受け入れる心」ができあがるのを待つ時間的余裕はありません。

ここは1分1秒を無駄にせず理想的なかたちで治癒するまでの本質的な理解を心に落とし込み、腹に据えて行動を起こすことが大事なことです。

これはこの半断食療法に限らず、ほかに信頼できいろいろな意味で無理が無く高い可能性が感じられる療法にご縁がありましたら、そちらを調べつくし心に落とし込み、道の選択にされたらよろしいと思います。


スポンサーリンク


このページに関連する記事

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さい ため 取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

夢の続きが待っているスタートラインが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

可能性を示した意味あるがん告知
その病気が治癒することを本人に理解させてあげられれるだけの説明ができないと、患者さんに希望を持たせてあ げな がらの告知はできません。

水断食体験のすすめ
断食効果はブドウ糖を身体のエネルギー 源にしないで、ケトン体をエネルギー源とするように身体をシフトすることで癌を消滅させていくことが考えられます。

病気からくる不安への対応
不安の原因は、病気の治癒に関してまたそれに付随する先行きの見通しがきかないということがあります。不安の 解消 には、病気が完治するとわかっている状態になることが最も重要

半断食療法 > 後がない状況下での治療法の選択

↑ PAGE TOP