「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体 > 病院との付き合い方


どなたも病院で世話になることが好きな方は居られないと思います。
私たちは半断食と水断食療法を知ってからは病気からの不安や心配から多くの解放感が得られました。

病気を治してくれるところは病院ではなく自分であり、しかも自然治癒力を引き出すことでいろいろな病気を自分で治せる方法を知ったからです。

しかし外科的などの至急の処置が必要な状況などではその限りではなく、また断食療法といえども万能な療法だとは考えてはおりません。

仮にこれまで病院でお世話になっていた2/3が必要なくなり、薬害や病院での人的なミスからのリスクを回避しながら、自宅で治すことができるとしたらこれはとても大きな拾い物で す。
ちなみにこの27年間は病院にお世話になることも無く、たまに発生する体調不良は水断食で治してきました。

病院へ行くとまず検査があります。
そして結果が出るまで1週間~10日ほど待たされ、その間疑心暗鬼が体中を駆け巡ります。

気の弱い方はこれで、精神的にダメージを負ってしまいますので、このような不安やストレスから解放されるだけでも大きなメリットです。
「病は気から」 という古くから言い伝えられてきたことばは的を得た表現だと思います。

スポンサーリンク


病院で治療を受けると、高い専門知識という私たちから遠いところで創られた薬を投与され、その後も完璧に病院側の都合による管理下におかれます。

使用される薬については素人には難しすぎて、どんな物を投与されるのかわからないまま先生におまかせしている状況です。

しかもその薬の多くは時代と共に変わっていき、あとであの薬は大きなリスクが発見されたりして、ここに命をあずけるには不安が大きい代物です。

また院内で人的なミスによる取り返しがきかない事故の報道が聞かれたりして、私達は病院との付き合い方をもう一度考え直さなければなりません。

それぞれ病院の先生たちは病気の知識や患者のメンタルな部分において深い認識のもと、病気あるいは患者と向き合っておられます。
その意味で病院や現代医療等について否定するものではありません。

ただ、私達も医師も病院の役割を誤解している部分があるために、いろいろな問題が引き起こされていることも事実で、今一度役割を認識することで問題の解消につながる可能性がありま す。

私達患者になりえる立場では、病院に1から10までお任せするのではなく、病気を治すのは最終的には自分の治癒力であることを知り、病院はそのための下地を整えてくれ、治癒力を引 き出しやすくしてくれる施設だという認識が必要です。

もちろん病院側もその認識の下患者に取り組むことが大事なことと思います。

こうした役割をはっきりさせ、病院側も患者側もそれぞれの役割に責任をもって治療に取り組むことが強く求められます。
私達は、そんなに難しくはない自然治癒力をしっかり理解し、効率よく引き出す手順を実施することで医者への負担が減り、その結果院内で人的なミスも減少することに繋がります。

私たちは大切な命を守るために、どちらの療法においても必要な部分を取り入れ、適宜に使い分けられる環境が整えられていることが最も必要です。

スポンサーリンク



このページに関連する記事
時代を超えて有効不変な治療システム
文明が変わっても、科学技術が進歩しても病気治癒への変わらない法則とは

自然の流れに沿って
目標の達成はどんな分野でも簡単なものではありませんが、強い意思の向かう方向へは相当なことができてしまいます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

断食効果は体内天変地異
自然現象の一つ天変地異は地球の浄化作用であり、その仕組みは自然現象の一部である私達の体内にも仕組まれており ます

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざまなかたちで現れ、また出る時期 や期間も個人差があります。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む体調不良の危機レベルと同列のものとしてインプットされているように感じま す。

病気を治すこと,治ること
「病気を治す」は人の知恵と技術で治すような、「病気が治る」は自然に寄り添い、自然と共生しながら自ずと回復し ていくという東洋的な発想の感じがします。

自然治癒力は生命への求心力
生命体には物理的、精神的両面にわたって生きるために必要なエネルギーを惜しみなく与えられ、重力のようにあるい は求心力のように常に生命のあるべき方向へ向けて作用しています

生命力(治癒力)が喚起されるプロセス
生命力とは本人の体力や精神力、また周りの方たちからいただくお世話がその方に届くような人間性までも含め、それらを合計したエネルギーの総和


心と身体 > 病院との付き合い方

↑ PAGE TOP