「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体 > 腹八部からのメッセージ


どんな病気を患っている方もその主な原因は自ら身体のバランスを崩したことによります。
それは現代人にとっては食べすぎが一番にあげられるでしょう。
ですから病気を治すには一定期間食べなければ良いわけです。

その根拠は、実体験から様々な病気、怪我を水断食療法を実施したことで簡単に治したことがあるということです。 水断食による様々な症状を解消 参考までに御覧ください。
また妻のステージ3からの完治であり、また治療室(自然治癒増進協会 (故 加藤清氏主催))で多くの末期癌患者さん達を元気に社会復帰させた事実です。

症状への処置に薬を処方したりの対症療法では根本的な解決につながらないことが多く、症状が消えたとしてもいろいろなリスクを抱えてしまってのことになります。
たとえばアトピー症状の薬に含まれるステロイドの副作用は始末が悪いですね。

現代医療による治療を受ける以上はリスクを覚悟しなければなりません。
特に癌の治癒率はいまだに低いものに留まっており、それだけ治療法に問題を多く抱えながら治療に当っているということです。

そうした不安が少ない自然の摂理からどなたにも元々具えられている、すばらしい自然治癒機能を引き出して、リスクのきわめて少ない治療に身をゆだねた方が安心できます。

たいていの病気は食事制限で身体がリセットされることで崩れたバランスが整い、病原菌が体内に棲みにくくなり体の外へ排除されていき、理想的な治癒が得られると信じております。

このように薬のような身体の外から投入する物が無く自然の摂理で治してくれますので、副作用などのリスクは入り込みようが無い訳です。

スポンサーリンク

「自然治癒力」という言葉は最近よく見聞きするようになりましたが、現代医科学のレベルからは低いものというイメージや認識があるのではないでしょうか。
しかし現代医学の粋を尽くしても治せない重度の癌患者さんが、食事制限による治療で治り社会復帰している例が多く存在します。
これから言える事は「自然治癒力は現代医科学のレベルからは低いもの」とは言えないでしょう。

多くの方は栄養満点な料理を食べ続けて、それが病気の原因になるとは感じておらず、逆に元気になると考えてたくさん食べます。
いつの頃からか、たくさん食べている様子は健康的に目に映るようにインプットされ、病気がちな人に対しても「食べないと身体に 毒・・・」などという台詞が普通に使われています。

学校教育でも 「たくさん食べないと元気になりません」と指導されてきて育ち、そういう子供たちが大人になり社会に出てそれが一般常識として磐石なものに仕上げていきます。

医療先進国ドイツのことわざに
「断食で治らない病気は医者も治せない」
は有名です。
日本では現代の教育のあり方により180度逆の常識が浸透しています。

一 方、昔から「腹八分は長生きの秘訣」ということが言われてきて、 今更ながら意味深いものを感じます。

この言葉は自然治癒力を引き出すための、先人の確かな見識によって生み出された私達の健康を守る優れたメッセージです。

病気の予防医療効果と、高い治療効果を発揮する 「腹八分は長生きの秘訣」 を風化させないように語り継いでいき、実践していかなければなりません。

多くの方が受け入れている現代の飽食な食習慣がこのまま続くと、近い将来はたくさんの病人を輩出してしまうような気がします。

単純に、食べる量を少なくするだけで多くの病人を減らすことができると考えられますが、味覚という本能的な刺激からの誘惑からなかなか抜け出せないということが難しいところです。

また元気な方は普段忙しいこともあり、健康に気をつけようという気はなかなか起こらず日々の生活に追われ、自分の身体に関しては後回しにされるばかりです。

私たちはせっぱ詰まった状態にならなければ、それを解消する方向へは関心が向かないものです。

しかし多忙でストレスの多い現代を生きていく以上、同じ重さで身体に無理を強いていると考え、今こそ「腹八分」を実践していくことが私たちの優先事項ではないでしょうか。

スポンサーリンク

このページに関連する記事

時代を超えて有効不変な治療システム
文明が変わっても、科学技術が進歩しても病気治癒への変わらない法則とは

自然の流れに沿って
目標の達成はどんな分野でも簡単なものではありませんが、強い意思の向かう方向へは相当なことができてしまいます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

断食効果は体内天変地異
自然現象の一つ天変地異は地球の浄化作用であり、その仕組みは自然現象の一部である私達の体内にも仕組まれております

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざまなかたちで現れ、また出る時期や期間も個人差があります。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む体調不良の危機レベルと同列のものとしてインプットされているように感じます。

病気を治すこと,治ること
「病気を治す」は人の知恵と技術で治すような、「病気が治る」は自然に寄り添い、自然と共生しながら自ずと回復し ていくという東洋的な発想の感じがします。

自然治癒力は生命への求心力
生命体には物理的、精神的両面にわたって生きるために必要なエネルギーを惜しみなく与えられ、重力のようにあるい は求心力のように常に生命のあるべき方向へ向けて作用しています

生命力(治癒力)が喚起されるプロセス
生命力とは本人の体力や精神力、また周りの方たちからいただくお世話がその方に届くような人間性までも含め、それらを合計したエネルギーの総和


スポンサーリンク

心と身体 > 腹八部からのメッセージ

↑ PAGE TOP