「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体 > 使っても減らないエネルギー


私達の周りには使っても減らない種類のエネルギーがあります。

それは使うほど私達の内部に気力や充実感として蓄積されていくものです。

どなたでも経験があると思いますが、ちょっとした手助けを必要とされる方に手を差し伸べたことによって喜ばれたとき、差し伸べた方にも厚意を提供した何倍もの感謝の心が届けられます。
こうして受け取った感謝の心は胸いっぱいに広がり、良質な気力や充実感として前向きな行動のエネルギー源となります。

私達人間には人の手が必要とされる状況を見過ごせないような仕組みが組み込まれていて、手を差し伸べた側と伸べられた側の両方によって、上質なエネルギーが誕生するように創られているのでしょう。

手を差し伸べた側に届けられたエネルギーと伸べられた側が引き出された感謝のエネルギーそれぞれを足し算すると

1+1=3or5or10・・・

のように学校で習った算数の式には当てはまらないことが現実に起こったりします。

1+1=2 
を越えた部分の良質なエネルギー はまたどこかで必要とされるところに差し伸べられて、そこでまた良いエネルギーが生み出され・・・が本来の有りようなのでしょう。

しかし不思議なことにここにお金が介入すると全く別物になってしまいます。

私達にとってお金は必要なものですがここに介在することによって、人と人との良い関係を作り上げるための潤滑剤に相当する良質なエネルギーが消滅してしまうように感じます。

つまりエネルギーの足し算はお金が介在すると
1+1=1 or 1.5
などとなります。

そこここで「ありがとう」と「どういたしまして」が響きあう周辺には良質のエネルギーがあふれており、見ている周りの人々にも伝わっていきます。

ボランティアの現場などでよく見られる光景です。
こうした厚意が厚意を呼び生まれたエネルギーは、私達の生命力にとっての無くてはならない栄養源となっているはずです。

神様は私達に良い仕掛けを用意してくれたものです。

スポンサーリンク

このページに関連する記事

時代を超えて有効不変な治療システム
文明が変わっても、科学技術が進歩しても病気治癒への変わらない法則とは

自然の流れに沿って
目標の達成はどんな分野でも簡単なものではありませんが、強い意思の向かう方向へは相当なことができてしまいます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

断食効果は体内天変地異
自然現象の一つ天変地異は地球の浄化作用であり、その仕組みは自然現象の一部である私達の体内にも仕組まれており ます

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざまなかたちで現れ、また出る時期 や期間も個人差があります。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む体調不良の危機レベルと同列のものとしてインプットされているように感じま す。

病気を治すこと,治ること
「病気を治す」は人の知恵と技術で治すような、「病気が治る」は自然に寄り添い、自然と共生しながら自ずと回復し ていくという東洋的な発想の感じがします。

自然治癒力は生命への求心力
生命体には物理的、精神的両面にわたって生きるために必要なエネルギーを惜しみなく与えられ、重力のようにあるい は求心力のように常に生命のあるべき方向へ向けて作用しています

生命力(治癒力)が喚起されるプロセス
生命力とは本人の体力や精神力、また周りの方たちからいただくお世話がその方に届くような人間性までも含め、それらを合計したエネルギーの総和


スポンサーリンク


心と身体 > 使っても減らないエネルギー

↑ PAGE TOP