「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体 > 呼吸は神秘の世界


私達は無意識に呼吸しておりますが、酸素を取り込むという意味以外についても様々な分野で「呼吸」という言葉がよく登場します。

普通の人にとって呼吸とは、体に酸素を取り込む動作だという認識はありますが、それ以上の 機能はとなると、科学的な理論で説明されていないため、ただつかみどころが無い世界が広がっているというくらいのものです。

しかし「呼吸」という概念は長年様々な世界で重要なポジションに据えられ取り扱われております。
とりわけ、芸術やスポーツの世界では「呼吸」を抜きには語られません。それだけ車の両輪的な存在となっているようです。

状況によっては「間」という概念に置き換えて 解釈できるというように、呼吸はとても広い世界に関係性を有しております。

私は音楽グループの中で管楽器(トランペッ ト)を担当していることもあり、呼吸法についてはいろいろ試行錯誤してまいりました。お陰で広い呼吸の世界の一端を覗かせていただけたと感じております。

トランペットを良く鳴らすためには、積極的に口から楽器へまっすぐ息を送るとお考えの方は多いと思いますが、そのやりかたではまず鳴りませ ん。

体内に息を充満させて上半身に圧をかけながら、リラックスした口を通過させて割とフワッと息を吐くように楽器へ送ると低音から高音まで楽に出て、いわゆる良い音が出るのです。

スポンサーリンク

クラシックの声楽家の唱法ではベルカントという息の回し方の技が有りますが、高い声を発声するとき後頭部へ息を当ててそこから発声するという感覚だそうです。

このように呼吸の使い方は普通では考えられない方法がたくさんあり、それぞれの分野に応用する場合、様々なイメージを重ね呼吸法を実施している場合が多いようです。

呼吸は自律神経でコントロールされておりますが、脈拍など他の機能と違いある程度意識的にコントロールできる機能です。

芸の世界のプロの方々は気力を発揮するための独自な呼吸法をマスターしていて、様々な場面で駆使しておりますが、一般の私達は逆に呼吸に使われております。

私達は心が揺れるとそれに引きずられるように呼吸のしかたに表れ、プレッシャーやストレスのもとでは肩でしか呼吸ができなくなったり、ひどいときには脈拍が上がったり、また過呼吸になったりします。

管楽器奏者は、その瞬間々々で呼吸を大胆に、または繊細にコントロールしながら良い演奏を目指していますので、ステージ上では緊張により呼吸が乱れないよう精神的な訓練も行き届いていなくてはなりません。

この緊張状態は置かれた状況から解放されるまで続き、この間は自分のなかに人格が二つ存在しているような感じで、ひとつは良い演奏をしたい自分で、もうひとつは狂った呼吸をコントロールできない自分で、 演奏の邪魔をします。
この相反する二つの人格が拮抗して、練習ではできるのにステージの上では練習のようにはいかない原因にもなっているのでしょう。まさに心のいたずらといえるでしょう。

逆にヨガや気功など、呼吸によって精神状態に影響を与え心の安定をはかり、体の動きをコントロールする取り組みもあるようです。

呼吸と体はお互い影響しあっていますので、呼吸法によっては交感神経、副交感神経という自律神経への影響によってバランスを崩して体調不良を引き起こす場合があるそうなので、本格的に呼吸法に取り組む場合は信頼できる指導者のもとで行われたほうがよろしいということです。

ヨガなどのトレーニングと違い普通の深呼吸などは神経質になる必要はありません。

自律神経 には交感神経と副交感神経があります。

交感神経  

  緊急時やストレス時に働き、心身を活発にする神経
 具体的には、激しい運動、興奮や緊張時、恐怖や危機を感じているとき、頑張って働く

副交感神経 

心身を休め回復させる、体のメンテナンス を担う神経交感神経が緊急時に活動するための神経なのに対し、副交感神経は睡眠時、休息時などリラックスしている時に働きます。
しかし現代人はストレス過多で交感神経が働きすぎ、そのため副交感神経が慢性的に働かなくなり「自律神経失調症」の状態になる方が多いそうです。

スポンサーリンク

心と身体 > 呼吸法は神秘の世界

↑ PAGE TOP