「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体 >  患者はお客になってはいけない


夢や目的に向かって行動力を発揮していくためには健康であることが最も大切なのに、多くの方は病気への対処法や、適切な体調管理のしかたを正しく理解していないのが実状ではないでしょうか。

実生活のなかで様々な問題が浮上してくるためその対応に追われ、我が身のことは後回しされ続けた結果その価値観が逆転してしまっているとも言えます。

更には、国民が利益を追い求め続けなければ生活に安心出来ない現代ですので、学校教育もそれに習い正しい健康管理法以上に利益優先の価値観がベースになっての教育体制があるのでしょう。
そうした子供が社会人になって利益優先の職場で働き、自分の健康管理が二の次になってもそれが普通のことくらいの認識が固定的になっていき、やがて体がもたなくなり発病します。
そして休養して改善後には同じサイクルへ戻り同じことが繰り返されるでしょう。

このように健康管理より利益を追い求めなければならないこの負のサイクルは、国家的な政策で改善しなければなりません。

私達の常識では、病気になったら医者が治してくれるもの・・・という認識があります。
実はこの病気に罹ったというポイントは2つの大きな岐路になっております。
普通の方は、常識になっていますから特に考えもせず病院へ行ったり、薬を飲んだりの選択をします。

しかしもう一つの選択は、ほとんどの病気は医者や施術者が治してくれているわけではなく、患者本人の治癒力が治しているということです。

この岐路でどちらのコースを選択するかは結果に大きな違いが生じてしまいます。
癌治療では手術や放射線や薬の処方では大きなリスクを伴ない、その結果社会復帰できたとしても、後々まで副作用や転移など様々な不具合を引きずることが少なくありません。

これは人体における自然の法則と、薬などの人知による処方にずれが生じた結果といえるでしょう。
私達人類の知恵では、自然の法則へずれが無く全て合致した医学的処方は不可能ですので、どうしてもリスクが伴ないます。

スポンサーリンク

一方自然の摂理からの贈り物、自然治癒力の優れた機能を引き出しての治療では投薬や手術や放射線などの処置はしないため、人的リスクは非常に少なく間違いの無い治療が体内で自動的に発動します。

お勧めする自然治癒力を引き出す方法は粉ミルク療法と水断食療法です。
詳しくは下の  関連するページ から御覧ください。


以下、治療は自然治癒力を引き出しての取り組みを前提として進めていきます。

治療の現場で、施術者は患者の自然治癒力を引き出すためのお手伝いをしているわけですから、患者自身は効率よく治癒力を引き出す努力が必要です。

そのために患者は医者や施術者から治癒へ至る道筋の説明を理解できるくらいの基礎知識が必要ですが、自然治癒力を引き出す断食および半断食により病気が治る原理が簡単ですのでどなたでも正しい理解を得られます。

基礎知識を習得している患者が施術者からの対処法を納得できた上で、本人もそこへ向けて心身ともに傾注することによって治癒力が発揮することでしょう。

信頼できる医者や施術士はいろいろな方法で患者の治癒力をうまく引き出そうとお手伝いしていているわけで、例えばレストランで1~10までサービスを受けただけで満足感を得られるのと同じ考えで治療を受けているのは好 ましいとはいえません。

しかし医者や施術者の言うことを何でも鵜呑みにして従うことが良いとはいえません。
一方で治療を安心して受けられる基準をどこに置くのかを再確認することは大事なことです。

それには、自然の摂理というエネルギーが追い風になっている向きかどうかを感じられることは、大事なポイントかと思います。

自分の体は誰にでも備わっている自然治癒力に常に支えられ、万が一病気や怪我をした場合にも自然治癒力を引き出すことにより治癒に至るのであり、外科的な処置や薬物の処方があったとしても、それは主ではなくあくまでも従(補助)の役割であると思っております。

薬や医者だけに頼らない確かな健康管理を義務教育から指導し、広く人々に浸透させていくことが大切と考えます。
それによって国家的な医療費節減にも大きく寄与することでしょう。

スポンサーリンク

このページに関連する記事

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざまなかたちで現れ、また出る時期 や期間も個人差があります。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む体調不良の危機レベルと同列のものとしてインプットされているように感じま す。

病気を治すこと,治ること
「病気を治す」は人の知恵と技術で治すような、「病気が治る」は自然に寄り添い、自然と共生しながら自ずと回復し ていくという東洋的な発想の感じがします。

自然の流れに沿って
目標の達成はどんな分野でも簡単なものではありませんが、強い意思の向かう方向へは相当なことができてしまいま す。

自然治癒力は生命への求心力
生命体には物理的、精神的両面にわたって生きるために必要なエネルギーを惜しみなく与えられ、重力のようにあるい は求心力のように常に生命のあるべき方向へ向けて作用しています

生命力 (治癒力)が喚起されるプロセス
生命力とは本人の体力や精神力、また周りの方たちからいただくお世話がその方に届くような人間性までも含め、それらを合計したエネルギーの総和

時代を超えて有効不変な治療システム
文明が変わっても、科学技術が進歩しても病気治癒への変わらない法則とは


スポンサーリンク


心と身体 >  患者はお客になってはいけない

↑ PAGE TOP