「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体 >腸は脳より先にできていた多機能な器官


腸は脳からの指令が無くても独立して活動する

腸の神経系は食べたものの消化吸収や排泄の機能だけではなく脳と連携して、身体のバランスを正常に保つことに大きくかかわっております。
特に腸から脳へは迷走神経を通して信号が送られ複雑な生体機能をつかさどっているといわれています。
もともと初期の生物には脳は腸より後にできた器官だといわれていて、腸が身体全体をコントロールしていたということです。

   以下、ヤクルト中央研究所のサイトより引用させていただきました。

腸は「第二の脳」とも呼ばれる独自の神経ネットワークを持っており、脳からの指令が無くても独立して活動することが出来ます。脳腸相関とは、生物にとって重要な器官である脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあうことを示す言葉です。

例えば多くの動物では、ストレスを感じるとお腹が痛くなり、便意をもよおします。これは脳が自律神経を介して、腸にストレスの刺激を伝えるからです。

逆に、腸に病原菌が感染すると、脳で不安感が増すとの報告があります。

また脳で感じる食欲にも、消化管から放出されるホルモンが関与することが示されています。

これらは、腸の状態が脳の機能にも影響を及ぼすことを意味しています。

このように密接に関連している脳と腸ですが、最近では、病原菌だけでなく腸内に常在する細菌も脳の機能に影響を及ぼす、という研究が注目を集めており、「脳-腸-微生物相関」という言葉も提唱されています。                                                                               


腸内では、消化された食べた物が到達するとそれを感知してセロトニンという神経伝達物質を分泌し襦動運動(ぜんどううんどう)を促しています。

わずらわしいことですが、腸でつくられるセロトニンと脳内でつくられるセロトニンがあり、それらは別のもので、その作用も異なるとなっております。
興奮や不安から落ち着かせてくれるのは脳のセロトニンに対して、腸のセロトニンは腸の動きを活発にし、特にストレスの程度が増すごとに多く分泌され、未消化の物も外へ出そうとするため下痢を誘発します。

腸の襦動運動はストレスなどのしげきにより脳の指令を受けてだけではなく、腸独自の動きにもよるといわれています。
このように脳と腸は両方向で大きく影響しあっているので、便秘や下痢などの排便障害を解消するには腸内環境と同時に、心の状態もあわせて考えないといけないということです。

またこのようなセロトニンの分泌やそれに付随する一連の動きには、よく聞かれる「腸内細菌」が無くてはならない存在になっており、セロトニンなどのホルモン合成に必要なビタミンの生産に関わり腸の機能を支えております。

セロトニンが脳内で正常に作用すると、ヒトは前向きな気持ちを保ち、幸せを実感し、健康的で前向きな気持ちを誘発させてくれるのに対して、逆に不足すると、怒りやすく、キレやすくなるようです。

スポンサーリンク


免疫システムは腸内細菌がコントロールしている


また腸は免疫機能に大きく関連しています。
腸の粘膜やヒダに免疫細胞(腸関連リンパ組織)の多くが集まっており、栄養分を吸収する一方で細菌やウイルスを吸収せずその感染を防ぐ役割を果たしております。
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)をはじめとした免疫細胞の多くは腸内でつくられていて、それらは腸内細菌との関わりによって機能しております。


現代の日本人は免疫力が落ちているといわれておりますが、これは必要以上に消毒を指導する風潮のせいだとも考えられております。
公共の建物の入り口にはほとんど消毒液が設置されていて、手を消毒して中へ入っていくのがよく見られます。
現代使われている消毒液は効果が高いため細菌をほとんど死滅させてしまいますので、細菌が体内に入る割合が非常に減少していることでしょう。

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の区別で存在していますが、一般的なイメージのように悪玉菌は悪いだけではなく必要な役割をももっているため、腸内にはある程度の比率で無くてはならないもののようです。

腸内に善玉菌だけだと善玉菌としてのはたらきをしてくれないということです。

腸内細菌の理想的な比率は 善玉菌  20%、悪玉菌  10%、日和見菌  70% となっています。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが理想的な比率で腸内に存在していると問題は無いのですが、どちらかの比率が高くなった方に加担していくという厄介な性質があります。

善玉菌が優位に立っている場合は良いのですが、悪玉菌が優位に立つと悪玉菌を加担していき、また免疫力が低下した場合などには病原菌に変化したりしていろいろな不具合の原因になってしまいます。

善玉菌の代表格は、乳酸菌とビフィズス菌でそれを満たすためには納豆菌や酵母菌を摂取するのが効果的といわれています。

納豆菌は、納豆から摂り、酵母菌は醤油や味噌、ぬか漬けなどの発酵食品から摂取します。

ではその善玉菌、悪玉菌がどんなバランスで腸内に存在していているかを判断する目安は、排便の状態を見るとわかります。
良いバランスの場合はバナナのような排便で水に浮き、その状態からかけ離れているほど状態が良くないと判断できます。
例えば下痢だったり、便の色が黒っぽかったり、においがきつかったりする場合は対策を考えなければなりません。
主な原因としては食べ物の種類と内容物によります。

食品添加物や防腐剤を含んだ食材は腸内で活性酸素を排出し、それが腸に負担をかけ腸内細菌にも悪い影響を与えるためと考えられていますので、まずはそうした食材を避けていくことが必要です。

食品添加物や防腐剤の影響は、時間をかけて少しづつ身体へ悪い影響を与えていきますので、なかなかはっきりとした不具合を感じないまま過ごしてしまい、症状が出たときにはやっかいな状況になっていたります。
私たちは良くないと分かっていてもそれが少しづつ、ゆっくり進行してきていることへの対処は後回しにしてしまう傾向があり、ここは難しい課題です。

日頃からジャンクフード類にはあまり手を出さないように気をつけ、また普段の食事は小食を心がけるようにしていくと、良い体調管理になるでしょう。

また千島学説によるところの腸造血にも腸内環境は大きく関わっていますので、健康管理には大事なチェックポイントになります。


免疫機能を高めるためにはおなかを冷やさないこと


腸が免疫機能の大部分を担っているため、腸の不具合が身体の広い範囲に不具合の発症を許してしまうことになりますので、腸の管理は慎重であるべきです。

正常な腸は腸内細菌の状態に大きく影響をうけ、それは私たちが日常食べる素材の質、食べ方、食べすぎ、ストレス、おなかが温まっているかどうかにかわってきます。

現代人は食習慣や社会生活上のストレスを抱えており、必ずしも腸内環境は整っておらない方は多くいらっしゃることでしょう。
免疫機能の中枢でもある腸内環境に問題が含まれていると、必然的に病原菌に対する抵抗力が弱く、また便秘や下痢への影響をまぬがれません。

こうした腸内環境を整えるのには、食べる素材の質、食べ方、食べすぎなどを改善することは必要条件ですが、腸を冷やした状態ではその効果が半減してしまいます。
おなかを温めると腸内細菌が活発に活動しはじめ、腸内環境を整える効果を加速しますので免疫力も復活し、便秘や下痢の解消にもつながります。

実際私は便秘がちのときには、寝るときにホカロンなどで朝までおなかを温めると、翌日は決まって午前中に快適に排便できます。
便秘がちの方は試してみてください。

身体を冷やす原因は寒い環境に一定時間過ごすことだけではなく、食べ物の種類にもよります。
たとえば、熱帯地方の国で採れる果物をはじめとする食物は、熱帯地方に住み身体が太陽にさらされる人々の身体を冷ますはたらきがありますので、日本のような温暖な国の人たちには冷やしすぎにはたらいてしまします。

現代は世界中からおいしい食材が日本に入ってきていてそそられますが、南国産フルーツを食べ過ぎると身体を冷やしすぎてしまうことを頭の隅に入れておく必要があります。
また国内で生産される夏野菜や果物類も、南国産と比較すると低レベルですが身体を冷やす性質がありますので、冷える傾向のある方は吟味して摂るようにしたほうが良いといえます。

スポンサーリンク


このページに関連する記事
排泄を促すことの重要性

豊富な食材に恵まれている中メディアを通して食情報があふれ、現代日本人はつい飽食になりがちですが、私達の体は栄養分の補給よりも、老廃物の排泄の方に重点をおいた食生活が望ましいこと です。

水断食による便秘解消の体験談
2週間ほど長旅をして(2016年春)、その間いつもの食習慣が変わりまた少し不摂生もあったためか家に戻ってから排便が滞るようになってしまいました。

朝食抜きの効用
朝食を抜くと、仕事面や気力や運動能 力に本来の能力が発揮できないなどという調査結果が   発表されておりますが、少し疑問を感じます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

心と身体 >腸は脳より先にできていた多機能な器官

↑ PAGE TOP