「完全治癒への扉」へようこそ

心と身体  > パワースポット続石


岩手県遠野から盛岡へ向かう396号線上(旧釜石街道)の遠野寄りに位置する綾織町にこの「続石(つづきいし)」と称される大岩が鎮座しています。

国道396に面し、続石への上り口の脇に10~15台くらいの駐車スペースと、きれいに掃除が行き届いた公衆トイレが有り、その脇の鳥居をくぐり周囲杉林の林道を10分ほど登ったところ にこの大岩が見えてきました。

事前にネットで続石のことを調べていましたが、実際現地でその姿を目にするといろいろな感情が湧き上がってきて圧倒されました。

写真のように左側の岩には10センチほどの隙間を残して接触せず、右側の岩にのみ絶妙なバランスを保って乗っています。(大きさがつかめるように妻を前に立たせております。)



これまで見てきた様々な大岩はすべて静寂というイメージでしたが、この続石の場合は動きを感じました。

しかしこれは岩の動きというよりも、この岩の存在によってこちらの気持ちが動かされたのと錯覚したのだと気が付きました。

物理的には静止していますがこの大きな岩が不安定な状態で静止している存在感と緊張感が、周辺の空間を支配し、それが私の感覚を狂わせる力を発揮しているのでしょう。

森閑とした中、周囲この緊張感あふれる場に立っていると自分のいろいろな面を指摘され、そうかといって責められている感はなく、むしろ安心感があり、よく分らない感動がおこってきまし た。

続石を中心としたこの空間は私達の基準である善や悪、欲、喜び、悲しみ、怒り・・・を超越していて、何か別のルールや基準で進行しているように感じました。

この不思議な岩の組み合わせは、通常私達は感知できない別の世界の時空での出来事と、私達の常識的な世界とがまさに交差している状態を見せてくれているようでした。


スポンサーリンク


物言わないこの空間は言葉巧みな弁以上に身心を揺さぶるエネルギーに満たされていて、私の中に心地よく響き渡りました。

そして純粋に人の幸せを望む気持ちや自分の幸せを感じたりなどと、普段表面に出てこないような感情が普通に湧きあがってきたりしまして、一方でこうした心地よい感情のなかでは自分の肉体 面にもきっと良い影響を受けているとも想像されました。

心と体は密接に反応しあいながら生命体のバランスを保っていることは知られております。様々な体の不具合は過剰なストレスの継続か ら発症していることは少なくないことは事実です。

この観点から、体調不良の改善には体を診るのではなく心の偏りを診、心の障害には体に表れているゆがみ等を診ていくのが不具合を解消するのに効果的という考え方があるようですが、納得のいく取り組みです。

手付かずな自然のなかでは私達とは別の次元で存在していると感じさせられる状況や現象がたくさんあり、その時々の心の状態とシンクロして心の深いところから引き出された気付きは、心身の立て治しや不具合の本質的な解消に少なからぬ効果を発揮することと思います。

また諸々の良い出会いからの心の動きは時間とともに風化してしまいますので、そのつど順序立てて書き留めておくのがよろしいと思います。

感じたものが整理され心に刻まれることでその感動が再現されやすくなり、豊かで安定した心が自然治癒力を高めていくことにつながります。

パワースポットという言葉はよく聞いていて、そういわれる場所へは何ヶ所か行きましたが特に何も感じることもなくきていました。

しかし続石のポイントは私には心に響くものが多くありました。

機会がありましたら是非訪ねてみてください。

場所は 岩手県遠野市綾織町上綾織山口

です。

スポンサーリンク

時代を超えて有効不変な治療システム
文明が変わっても、科学技術が進歩しても病気治癒への変わらない法則とは

自然の流れに沿って
目標の達成はどんな分野でも簡単なものではありませんが、強い意思の向かう方向へは相当なことができてしまいます。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

断食効果は体内天変地異
自然現象の一つ天変地異は地球の浄化作用であり、その仕組みは自然現象の一部である私達の体内にも仕組まれております

癌治療に高い効果の半断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む体調不良の危機レベルと同列のものとしてインプットされているように感じます。

病気を治すこと,治ること
「病気を治す」は人の知恵と技術で治すような、「病気が治る」は自然に寄り添い、自然と共生しながら自ずと回復し ていくという東洋的な発想の感じがします。

自然治癒力は生命への求心力
生命体には物理的、精神的両面にわたって生きるために必要なエネルギーを惜しみなく与えられ、重力のようにあるい は求心力のように常に生命のあるべき方向へ向けて作用しています

生命力(治癒力)が喚起されるプロセス
生命力とは本人の体力や精神力、また周りの方たちからいただくお世話がその方に届くような人間性までも含め、それらを合計したエネルギーの総和

更新情報・お知らせ

NEW
 

↑ PAGE TOP