まがれみぎ

 せっかくですから曲がれ右して落し物を探しにそこまで

カテゴリ

心理と身体


時々適度なアンバランスな生活を
日本では、無菌大歓迎志向が叫ばれ実施されているようですが、適度に雑菌を含め不規則な生活がちりばめられた生活の方が、元気に過ごしていくのには適しているというお話です。

心と身体を良い関係に
身体に悪い影響を与えてしまうような心を無視、あるいは捨てる場所を用意しておく効果

手を差し伸べるということ
人に手を差し伸べるときにはこんなことを頭の隅に入れておくのが思いやり

パワースポット続石(つづきいし)
物理的には静止していますが、この大きな岩が不安定な状態で静止している存在感と緊張感は、確かに人を狂わせるほど周辺を支配していました。

人の雰囲気は通信手段
人の雰囲気というものは実体が有るとはいえないながら、それは社会では確かに力を発揮し、その雰囲気が受け入れられるかどうかによって、次の流れが大きく変わっていきます。

我が身を守るための理由を集める本能
いつの間にか自分の不都合を批判へすり替えていることに気づく機会を失っていくことになってしまいます。

強力な自己暗示

当初強い意志で取り組み始めた目標達成のプログラムも、道中様々な難題に遭遇しときには心が折れてしまいそうになったりします。
そんなときに自分を支えてくれるもうひとつの存在はとても心強いものです。

「できないわけが無い」の心理効果

信じているということは身体のコントロールに大きな影響力をもっているということです。

脳の苦手はイメージと現実の区別
脳はリアルなイメージをもつとそれが現実とは区別がつかなくなり、現実よりもイメージの方が優先されて身体が反応する


無意識

無駄な力を抜くには
スポーツや演技がうまくいかないときは、たいてい身体の一部に無駄な力が入っていることが原因であることがよくありますが、本人はどこに力が入っているかがわからないことが多くあります

無意識の美しい風景
無意識が見せてくれる人々の美しさはどれも一流です。
きっと無意識というものは、私達から何か良いものを引き出してくれるスイッチになっているのかもしれません



呼吸


呼吸には意志がある
ヨガや気功、能、太極拳、他様々な武道などの分野では、呼吸のしかたによりある種の身体の機能、つまり日常を超えた人体神秘に触れたところからの高度な技を成していると思われます。

呼吸法で緊張をほぐすには
緊張状態にあるときには、何か胸のあたりに「詰まっている」、あるいは「つっかえている」ような感じがしますが、これが「あがっている」状態なのでしょう。

吐く息を当てる効果
トランペット奏法における独特な呼吸法が日常生活にも活用できそうなので紹介いたします。

呼吸は潜在意識と有意識との懸け橋
現代科学や医学では解明できないながら、私たちは呼吸を通じて人体あるいはその周辺で不思議な効果を経験しています。



病気

千島学説と大隅博士のオートファジー
2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅博士の功績により、世界的に高い評価を得ている(故) 千島喜久男 博士が提唱された「千島学説」 にも改めてスポットが当たるきっかけになったことには、現代医療への実のある改革への一歩を踏み出すことになりした。

自然治癒とバランス
一般的には、意識的にも無意識にも機能している交感神経系の生理現象は呼吸機能しか無いと考えられていますが、自然治癒機能と縁のある「バランス感覚」も充分交感神経系の機能といえるように思うのですが・・・。

病気の原因と役割
病気の主な原因は私たちが招いたためで、その病気を正しく処理することで隠れたゴミさえも取り除いてくれる体中の大掃除をしてくれます。

第二の人生を謳歌できるためには
一番大切なものを置き去りにした名ばかりの文明国のままでは、第二の人生を謳歌していくのは難しい

想像の世界

脳は通信機関
「人の内側に潜在意識層があるのではなく、潜在意識層に管理されながらそのなかに私たちが居る」とした方が私はしっくりくるのですが・・・。


潜在意識との交信の可能性
私たちは潜在意識からの一方的なメッセージを受け留めているから生きていられます。
しかしここでは潜在意識との相互交信の可能性を掘り下げてみたいと思います。

魂という名のエネルギー
宇宙に充満している、物を引き寄せるエネルギーが私たちの魂の元であると想像しているのですが、結構いろんなところに通じるように思っています。

知識はすでに自分の引き出しに在る
私達の深層意識にはあらゆるイメージが混沌とした状態で元々詰まっていて、ある刺激によって一部がまとまり表面意識層へ表れ知識となる

未来を知る
私たちはよく未来を先読みしますが、その取り組み方で結構なプレゼントが得られることがあります。

魂と身体
「肉体的なうごき」は魂へ送信できるための言語のひとつになっていると言えそうです。

スポンサーリンク


↑ PAGE TOP