「完全治癒への扉」へようこそ

水断食 > 自然治癒力を引き出して医療費ゼロ


仕事を現役でバリバリこなしている若い方たちは多少の体調不良を体力で回復できますが、リタイヤ後はそうもいかなくなってきます。

また長年の不摂生や積み重なってきたストレスの影響が出てきて、場合によっては重い病気を招いたりし始めます。
そうした可能性を心配し、リタイア後の自分の身体のことを思うと、少しの体調不良に対しても敏感になり薬に頼ったり通院する頻度が増してきます。

リタイア後は経済的にも以前と違ってくるため、多くの方は節約ぎみの生活モードになっていく中で、患った場合は医療費が大きくのしかかってきます。

更には通院が日課となり、病院から与えられる薬を決まった時間に飲むのを忘れないようにする生活が待っているとしたら、考えただけでもぞっとします。

その薬は副作用は間違いなく与えますが、体調不良を改善してくれるかどうかは何とも不透明です。

さらに、病院で5分間の診察を受けるのに通院時間と待ち時間を合わせて数時間浪費してしまいます。

リタイア後の健康維持にも有効な半断食療法(ファスティング)


第二の人生をこんなところに時間を浪費している場合ではなく、これから本当の人生を謳歌しようとした矢先にこれだと精神的、肉体的、経済的に大きな負担を抱えた辛いだけの再スタートになってしまいます。

体調不良になったら先ず薬局で薬を探してそれを服用し、それでも改善しなかったら病院へ・・・という順序が常識になっています。
自然治癒を引き出して改善できるなどとは多くの方たちは考えもしません。

しかし私達にもともと具わっている治癒力をうまく引き出すことによって、こうした様々なロスを軽減できるとしたらどうでしょう。

スポンサーリンク

どんなに優れたツールも有効に使っていかないと何にもならないのと同様、私達の自然治癒力も積極的に引き出して使っていかないと、宝の持ち腐れです。

リタイア後の身体は、若い頃の無理を強いてきたことにより多少の不具合を抱えてしまっていますが、私達を生かそうとする自然の摂理である自然治癒力を引き出すことによって低リスクで自動的に改善してくれます。

普段は自動的に一定のレベルではたらいてくれているのですが、いざ体調不良を起こした場合は自然治癒力を強く引き出す手順を踏まないと、病気を治してくれるほどにははたらいてはくれませ ん。
その治癒力を発揮するのには、食を制限するという簡単な手順を踏むだけで万病の予防効果や体の不具合を改善してくれます。

食べることを少なめにコントロールしていくだけで体調不良を改善できるんだったら医者は要らないんじゃないか・・・と思われるかもしれません。
しかし私達夫婦は体調不良を起こしたときは水断食や半断食を実施することで、病院にはお世話にならない日々を過ごしております。

実際それを体感してからは医療に関する常識を見直すきっかけになりました。

こんな簡単なことで第二の人生を無駄に時間やお金を使わずに済み、また薬による体へのリスクを心配しなくてもよく、充実した第二の人生を送れるのですから、正に夢の実現といえるでしょう。

このような食事制限(ファスティング)を一人ででも実施できるようになるととても便利で安心ですが、そのためには一度専門家のもとで半断食や水断食を体験しておくことが大事なことです。
断食中の体の経過をつかめていないと実施中に起こる体の変化に不安をいだいてしまい、またそれへの対処の仕方を学んでおかないと危険な状態に陥る場合があります。

専門家の元で体験することによって施術士との繋がりをもてるようになると、体調の改善上でいろいろな相談にも応じていただけるようにもなり、気持ちの上でも大きな安心が得られるよう にな るでしょう。

一つ注意しなければならないことは1型糖尿病を患っている場合はインスリンの欠乏により糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こし危険な常態になりますので、事前に検査で確認しておく必要があります。

自然治癒力とそれを強力に引き出す方法のセットは、私達にとって大きな宝です

私達夫婦は、粉ミルク断食治療を受けて以降、体調を崩したり怪我をした場合は自宅で断食療法で何度も回復を経験してきたため、通院も薬の服用も必要なく医療費はかからない生活を実現できております。
参考まで  水断食による様々な症状を解消  を御覧下さい。

先天的な不具合に対しては何ともいえませんが、これまでの自分の数10回の体験からは、様々な不具合から治癒に至るファスティング効果はとても高く、自宅で回を重ねるごとにその信頼 度が増し、私達は病気の不安、恐怖から解放され、とても大きなものを手にすることができたと感じました。

癌治療にも大きな効果を発揮する断食療法を多くの方々に知っていただき、実践できるようになったらどんなにすばらしいことかと思います。

繰り返しになりますが、水断食や食事制限への取り組みは、最初は専門家の方の管理のもと体験することが安心安全のためには必須です。

スポンサーリンク

このページに関連する記事

後がない状況下での治療法の選択
病院から離れてもう一つの治療法へ乗り換える決め手はどこにあるのでしょうか?

癌治療に高い効果の粉ミルク断食療法
重度の患者さんにも負担が小さいため取り組みやすく、自然治癒力を引き出して癌治療に高い効果を発揮する療法

夢の続きが待っているスタートラインが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

糖尿病の癌との意外なつながり、自然療法実践
癌と同様、糖尿病にもやはり食事療法が根本治癒効果絶大、実践の手順

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

私の水断食体験談、 3~7日間
初めて水断食の体験は治療室でのことで、 導入期間(少しづつ減らしていく)2日間、水断食期間3日間、戻し(少しづつ増やしていく)の期間は2日間というプログラムでした。

可能性を示した意味あるがん告知
その病気が治癒することを本人に理解させてあげられれるだけの説明ができないと、患者さんに希望を持たせてあげながらの告知はできません。

全身マッサージ
癌患者さんは身体のあちらこちらがにひどく凝っている方が多く、マッサージを施すときは少し押しただけでも痛みを 訴える場合があります。

長期間の療法への取り組み方
ミルク断食療法では長期間にわたる治療生活になります。途中で挫折してしまわないように心を支えてくれるものは・・・。

半断食療法で完治して
最先端の医療技術と設備を備えた病院が治せなかった癌を、食事の摂り方を変えただけで完治したことは私達にとって 嬉しかったことはもちろん、しかし同時に大きな衝撃でした。

がん治療と会社勤務の両立
通院しながらの勤務は時間的に仕事の妨げになり、さらに化学治療による副作用の辛さを抱えながらの身体にはとてもハードな環境です。

病気からくる不安への対応
不安の原因は、病気の治癒に関してまたそれに付随する先行きの見通しがきかないということがあります。不安の解消には、病気が完治するとわかっている状態になることが最も重要

ゴールを見据えて着実に
マラソン選手が40キロメートル以上の長い距離を走りきれるのは、技術と体力によるものだけではありません。

断食療法を人に届けるには
当初、粉ミルク断食療法を良かれとの思いで人に伝えようとしていましたが、何となく相手に伝わっていないと感じ始めてきました


水断食 > 自然治癒力を引き出して医療費ゼロ

↑ PAGE TOP