「完全治癒への扉」へようこそ

水断食 > 水断食による様々な症状を解消


これまで風邪を引いたときはだいたい2~3日の水断食を実施し治してきました。

その効果はいつも断食あけすぐ現われ、そのためか断食効果は風邪以外にも軽度の症状には復食後すぐ期待できると思っていました。
しかし症状によっては断食終了後数日経ってから症状が改善されたこともありました。

坐骨神経痛の解消
以前
坐骨神経痛らしいものを患ったことがありまして、靴下を履いたり脱いだりするとき尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛くて不自由な期間を2ヶ月くらい過ごしました。

「らしいもの」というのは、病院へ行かなかったため医者の診断が得られず、症状をネットで調べたらどうも坐骨神経痛らしいことがわかったからです。
それを治す目的で4日間の水断食を実施しました。


水断食3日目には痛みが消えていて、さすがに断食効果はすごいと思いながら4日間 の日定をこなし終了しましたら、その後日毎に痛みが復活してきました。
水断食の日数が少なかったためかと思い、後日もう少し長い期間で実施しようと考えながら過ごしておりました。

さらに1週間ほど経った頃、少し痛みが軽くなってきていることに気がつきました。
靴下を履いたり脱いだりがずいぶん楽になり、日を重ねるごとに痛みが消えていき結局2週間ほどで完全に痛みが消え、元通りの動きが出来るようになりました。

気管支炎の解消
風邪を引いてしまい、いつものように水断食しようと思いながら忙しい時期でしたので4、5日間休みをとることができず中途半端な処理をだらだら続けてしまいましたら、こじらせてしまいひどく咳が出るようになってしまいました。
夜布団に入ると特に咳がひどくなり眠れずストレスがたまりにたまりました。
ネットで自分の症状を調べてみて、これはおそらく気管支炎と思われました。

20 歳代の頃肺炎を経験した事があり、そのときもそんな感じでしたがもっとひどかった記憶です。

そのころは断食療法のことを知りませんでしたので病院治療を受けました。
1ヶ月間抗生物質づけの入院生活でした。
やがて肺炎は治りはしましたが、
体内のすべてを無菌状態にされ退院しました。

しかしお陰で免疫力がゼロの状態で社会に投げ出されたため、ちょっとした病原菌をも拾いやすい体になってしまっていて、風邪でも引いてしまったらひどい高熱で大変苦しい経過をたどらなくてはならなくなり、しかもそれが年間5~6回ありました。
こんな年が6~7年間も続き、やがて少しづつ免疫力を回復してきて風邪をひいてもそんなにひどくはならなくなりました。
今考えると風邪以外他の菌を拾うことが無かったため、変な病気に罹らなくて済んだことはとても運が良かったと思います。

こんな経験がありましましたので今回の気管支炎の治療は病院の選択指はありえませんでした。
しかし咳込むため夜眠れない状態が10日も2週間も続いたので、忙しい日程よりも体を治す方を優先して、何とか正味3日間(導入と回復日を入れて5日間)の水断食を実施しました。
本当は正味5日間の日程で実施したかったのですがしかたありませんでした。

予定の5日間を終え少し咳きは治まった感がありましたが、その後も夜布団に入るとやはり咳きが出始めました。
しかし断食前は空咳きがひどく、のどがひりひりするばかりで、更に咳をするたびに胸が痛くなりだし辛い日々でしたが、
断食前と違ったことは、咳をしたときに痰が出るようになったことでした。

痰がでるということは炎症部分が改善に向っているという判断がありましたのでまずは一安心でき、その後10日間くらいしてやっと布団の中で少しづつ咳が収まってきて、やがて眠れるようになりました。

もちろんここまで咳止めの薬などは一切使わなかったことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

古釘を踏み抜き・・治癒
木造家屋の解体現場で太い古釘を踏み抜いたことがあり、それを4日間の水断食で治しました。

不覚にもこ れまで2回太い古釘を踏み抜いてしまい、しかし2回とも水断食で治療しました。
最初は破傷風を心配しましたが
、幸い患部は化膿して腫れたりすることも無く無事治りました。
2回目のときは最初のときより不安は少なかったですが、またあの痛みに耐えなければならないかと覚悟を決め、水断食を実施すれば必ず治ると自分に言い聞かせ実施しました。

傷がふさがるまでは水断食と平行して、どくだみの葉を揉んで汁を患部へ塗りこみましたが、市販の薬は一切使いませんでした。
断食を終え3~4日で痛みが徐々に軽くなっていき普通に歩けるようになり、1週間で痛みが消え完全に治ったと感じました。
あの痛みからすると治りが速かったと記憶しております。

古釘を踏み 抜くと2~3日間は立ち上がると体中の血液が患部に集中するような重い痛みがあり、立って歩けないのはもちろん、座っていても横になっていても患部がズキンズキン痛みとても辛いものでした。

症状を治す目的で断食を実施した場合、水断食期間中に症状が和らぐこともあり、終了後はそのまま不具合が解消されると期待しがちですが、副食後不具合が表面化することがあります。
そんなときでもがっかりしないで1週間から10日間ほど様子をみてみると、徐々に改善していくことがあります。

経験から、症状によってタイムラグはありますが水断食療法からは裏切られたことはありません。

単純な風邪を引いたような場合、2~3日間の水断食で終了直後にはだいたい治っていましたが、風邪薬を服用した場合との違いは、後がいつまでもぐずつかず、とても切れの良い爽快感がありました。

このように、水断食あるいは半断食療法の知識を理解した上で独自に出来るようになっていると、思わぬ体調不良から身を守っていく上でとても有効です。
是非この宝をご自分のものとし活用していかれるようお勧めいたします。

ただし断食の未経験の方は専門の施設で専門家のもと実施されることが、安全のためにとても大事なことです。

インフルエンザの発症・・治癒

不具合を何も感じていないある日の午前中、外で作業していて昼になる頃から急激に具合が悪くなり始め熱もどんどん上がり始め、やがて午後2時頃には立っているだけでフラフラし体中ひどく辛い状態になりました。熱は39度でした。
水断食をすることに決めベッドに入り再度
熱を計ったら40度ありました。
40度の熱を若い頃肺炎になったとき経験していましたので、もしやまた肺炎にでもなったのか?と思いながらもんもんと過ごしました。

このときはあまりにも急激な体調の変化でしたので、いきなり水断食に入りました。

最初から病院へ行こうとは考えていませんでしたが、あまりにも体全体が辛くなりやはり時間と共に不安になっていきました。
しかし必ず治るはずだと信じていましたので、4日間水断食をし回復にこぎつけることができました。

結局5日目から2日間で少しづつ復食し全治1週間で正常に戻ることができました。
病院で診断を受けなかったので結局何の病気だったのかしばらく分りませんでしたが、後で知り合いのインフルエンザ経験者に聞いたら、それは彼が経験した経緯と酷似しているのでインフルエンザだと言われて知りました。彼は病院で治療を受け回復した方です。
私はワクチンを接種していなかったので酷く辛い目にあったということでした。
それにしても1週間でそこから普通に回復できたことを驚いていました。

スポンサーリンク

このページに関連する記事

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざま なかたちで現れ、また出る時期や期間も個人差があります。

夢の続きが待っているゴールが見える、がん自然療法の実践
患者さんがご家庭で実践していただけるように具体的な手順を踏んだ食事療法プログラム

糖尿病の癌との意外なつながりからの対処法実践
癌にも糖尿病にもやはり食事療法が根本治癒効果絶大、実践の手順

食事療法の肝はいかに食べないかです
食事療法の最も大事なポイントは、何を食べれば良いのかではなくて、いかにして食事 の量を減らしてバランスのとれた自然治癒力を引き出すかでしょう。

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

世界の断食療法
断食療法は日本に限ったわけではなく、世界の主要国では広く研究されその圧倒的な効 果が認められております。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

空腹感の克服
断食中の空腹感には個人差があって、私みたいに強 く感じるタイプとそれほどでもなかったというタイプの方がおられます。

水断食体験のすすめ
断食効果はブドウ糖を身体のエネルギー源にしないで、ケトン体をエネルギー源とするように身体をシフトすることで癌を消滅させていくことが考えられます。

病気からくる不安への対応
不安の原因は、病気の治癒に関してまたそれに付随する先行きの見通しがきかないということがあります。不安の解消には、病気が完治するとわかっている状態になることが最も重要

ブルーソーラーウォーター
ブルーソーラーウォーターは確かに柔らかさ、甘さを感じられ美味しい


水断食 > 水断食による様々な症状を解消

↑ PAGE TOP