「完全治癒への扉」へようこそ

   >  グルメ志向、ちょっと心配

 

テレビをつけるとグルメ関連の番組の多いことには驚きます。

若くて健康的なタレントさんが目新しい味を求めていろんな地域を試食しながらレポートして歩き、感想を述べ視聴者を誘います。

手の込んだおいしそうな料理の映像とプロのレポートを聞いて視聴者は一度食べてみたくなるのは当然です。

視聴者の眼も肥えてきているせいか、各レストランはお客を更にリードしていくために特徴を出すことに全力を投入します。

会では珍しい外国料理を提供している店も増え、世界中の味覚を味わえる機会もずいぶん多くなってきました。

事はどんな人にも楽しい行為でしょうから、できることならより美味しく、より 楽しく刺激的に・・・がどんどんエスカレート していきます。

そんななかで、おしゃれな店の雰囲気と新しい味覚に誘われどこまでも付いていっている日本人が映ります。

れを見ていて日本は豊かな国であることを再確認しながら、一方でこれで良いのかなという不安な気持ちも起こります。

 スポンサーリンク


自分から求めて進むのはまだ良いとしても、誘われるままどこまでも・・・の姿勢には少し心配になります。

「求めて進む」という場合は戻るポジションを自覚していて、「誘われるままどこまでも」 スタイルは戻れる場所を捨ててしまっているということが感じられます。

もともと日本の食文化では特別な日に食べていたような馳走がいつでも手軽に食べられるようになり、それと共に旬の味覚も風化してしまい、形がメインのご馳走が普通の食事になりつつあるようです。

かつて食べるという行為は、心身ともに「生きる」に直結したものでしたが、現代に生きる私達にとっては刺激を得るための一つの素材というくらいの位置づけになっているのでしょう。

食文化がここまで発達したなかで体に良くないからといって美食を否定することは必ずしも良いとは思いませんが、ただ節度をもって楽しむ姿勢は必要なことと思います。

質素な素材の少食を継続することで難しい病気が治るわけですから、その反対に100パーセントグルメ嗜好で、あるいはレトルト食品中心でしかも過食ぎみな生活を続けていては確実に体調不良を招くでしょう。

普段は粗食気味な食生活をしているからこそ、たまにご馳走を食べてもびくともしないということを頭の隅にいれておかれたらよろしいと思います。

この場合の粗食とは、貧しい食という意味ではなく人工的な加工食品などではなく、食素材そのままに近い手料理などという意味です。

スポンサーリンク

このページに関連する記事

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生 命維持のために最 小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

断食効果は体内天変地異
自然現象の一つ天変地異は地球の浄化作用であり、その仕組みは自然現象の一部である私達の体内にも仕組まれており ます。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む 体調不良の危機レベルと同列のものとしてイン プットされているように感じます。

品種改良の小麦の害
小麦を食べることによってアメリカで は、さまざまな体調不良と小麦食との因果関係 がはっきりしてきて、「グルテンフリー」(グルテンを摂らない食事 のしかた)の食スタイルが浸透しております。

玄米食への切り替え
妻がミルク断食を続けて丸4年経った頃、 その前後から食養生について勉強していたらしく、そろそろ玄米食へ切り替えていこうかなと言い出しました。

食事療法の肝はいかに食べないかです
食事療法の最も大事なポイントは、何を食べれば良いのかではなくて、いかにして食事の量を減らしてバランスのとれた自然治癒力を引き出すかでしょう。

病気からくる不安への対応
不安の原因は、病気の治癒に関してまたそれに付随する先行きの見通しがきかないということがあります。不安の解消には、病気が完治するとわかっている状態になることが最も重要


  >  グルメ志向、ちょっと心配

↑ PAGE TOP