「完全治癒への扉」へようこそ

   > 食事療法の肝はいかに食べないかです


ネット上でも書物の上でも食事療法に対する賛否は大きく割れております。

現代医学を支持する方は食事療法の治療効果はそんなに期待は出来ないとか、また食事療法支持者の方は現代医学に対して批判的な立場をとられる方も多いです。

多くの食事療法についていろいろ調べた結果、症状によって手順がそれぞれのレシピを要求され、粉ミルク療法のようにシンプルではないものが多く、率直なところ継続するのは難しいなと感じました。

その手の食事療法のマニュアルに沿って実践しようとするとたくさんの問題にいきあたります。

まず一つは、あの症状に対してこれを食べても良いか駄目かの判断があります。

また、あれを食べた方が良いか食べない方が良いかという疑問も生じてきます。(最初の問題点と似ていますが、微妙にニュアンスに違いがあります)

さらに、あれは食べた方が良いみたいだけど私の好みじゃないから他の物で代用できないか・・・。

更にさらに、これはどのくらい食べれば良いのか・・・。

このように1つの食材についてだけでもたくさんの疑問が おこります。

一 般的な食事療法では数種類の食材を組み合わせてのメニューで構成されるため、これを長期間にわたって取り組んでいくとなるとかなり難しいことになりそうです。

食事療法のポイントはいろいろ有ると思いますが、最も大事なポイントは何を食べれば良いのかではなくて、いかにして食事の量を減らしてバランスのとれた自然治癒力を引き出すかにあると思 います。

食事療法のマニュアルなどでは、この食材に含まれるあの成分はあの症状のこの部分に効果的に作用する・・・などの説明が細かく述べられております。

このように部分的なところへ焦点を当てた考え方は対症療法ですし、これでは薬を服用して病気を治そうということと根本は同じことになり、本来の食事療法とは いえないと感じます。

また症例に対して効果のある食材を当てはめての説明が膨大でしかも細かく、一般の患者さんが理解して取り組むのには難しいと感じます。

専門のスタッフが1から10まで世話をしてくれるから大丈夫と思われるかもしれません。

しかし、治療の効果を期待できる条件として、患者さんがその療法を深く理解して取り組めることが大き なポイントになると思いますので、特別な予備知識があるか無いかに関わらず、食事療法の原理が解りやすいものであることが大事なことと思います。


まとめると、食事療法のもっとも大事なポイントは小食によって自然治癒力を引き出し、あとはどなたの身体にも備わった生命維持プログラムにお任せしてバランスよく症状を回復させるということになると思います。

予防医療的に考えるのであっても
特に偏った食事メニューでなければ普段食べている食事量をこれまでの70~80%くらいに減らす でよろしいと思います。
昔から言われている腹八分・・・は簡単でとても優れた予防医学です。
私は毎日朝食を抜きコップ1杯の水を飲むだけにしており、実に簡単で体調は良好です。

またある病気を治す目的で取り組む場合は、乳幼児用粉ミルクを使う半断食療法が簡単で効果が期待できお勧めです。

更に深刻な病状の方には粉ミルク断食療法から水断食を取り入れたプログラムを実践されるのがよろしいと思います。
もちろん粉ミルク断食療法や水断食を実践される場合は、専門の方に指導を受けながらが条件です。

どうぞ食事療法の理解を今一度確認されて取り組まれ ますよう提案いたします。

注意

1型糖尿病を患っている方は、癌の治療に 限らず断食療法は危険を伴ないますので避けるようにご承知下さい。


スポンサーリンク


こ のページに関連する記事

副作用無しで絶大な治癒効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

朝食抜きの効用
朝食を抜くと、仕事面や気力や運動能 力に本来の能力が発揮できないなどという調査結果が発表されておりますが、少し疑問を感じます。



   > 食事療法の肝はいかに食べないかです

↑ PAGE TOP