「完全治癒への扉」へようこそ

水断食 > 断食効果は体内天変地異


山や川を見ていると、自然界のしくみには私達の命のしくみと共通していることに思い当たります。

私達の生活にとって大きな影響を与える主な存在としては水と空気と土と太陽があります。

この4つの存在が互いに影響しあって私達の生命を支え、またあるときは災害をもたらし、またあるときは情緒を引き出します。

地球に注ぐ太陽からの熱で大気中に水蒸気が充満していき、同時に上昇気流によって風が発生して嵐を引き起こし、大雨と風で私達の環境は破壊されます。

もっとも自然界からの視点ではこれは破壊ではなく浄化なのでしょう。

お互いの影響力ががそれぞれの個性を引き出しながら、あるタイミングで4つの存在のエネルギーが相乗的に影響しあったとき、巨大なエネルギーが発生し天変地異を引き起こしたりします。

やがてそのピークが過ぎ、さらに時が流れそのエネルギーが収束に向かっていきます。

発生した天変地異は地球自らを揺り動かすことで、これまで堆積したアンバランスの元を解体し、バランスを再編成します。

その崩れたバランスを再編成する過程では人間の心をも動かし、人類の行動の源にもなります。

長い年月間の間には天変地異を繰り返し、その度に私達はこの先も命をつなげていくための行動を起こし、暮らしやすく安定した生活を取り戻す歴史でした。

この一連の動きはまさに地球の自作自演であり、自らエネルギーを溜め発散し、その収束、安定までは地球という1個の天体のなかで完結しております。

太陽の現象を見ても同じ事がいえます。
宇宙に発散し続ける光や熱や放射線・・・は枯渇することなく自作自演を自己完結のなかで繰り広げられ、それによってある種のバランスが整えられているのでしょう。

自然からの産物の私達の身体内部でも、地球と同じように浄化作用が波のように繰り返されているのでしょう。

体内の様々な要素が相乗効果によりエネルギーを高め、それが様々な形をとって発散しやがて収束し安定に向かい、また何かの刺激がエネルギーを呼び起こす引き金になり、次の波を繰り返すサイクルは自然界と同じしくみでのことなのでしょう。

スポンサーリンク

地球を人体に当てはめて考えると、まず時間の経過とともにひずみが蓄積されれていき、一定以上のレベルを超えると天変地異が起こり(病気)、次に内部で浄化作用(断食などの適切な処置)が起こり、自然の経過にまかせ(好転反応)不具合の修復が完了するわけです。

このように、苦しみや痛みを伴なう病気は、自然に則した浄化作用(自然治癒力)に身を任せることで総合的にバランスがとれた状態に最短距離で向かい回復に向かうと思われます。

ただし私達人間が自然の力を借りて安全に回復を得るためには、これまでと同じ生活では浄化作用を引き出すことができません。
私たち人間にあてはめた場合はある手順を踏まなければなりません。

ここで言う浄化作用を引き出し、身を任せ回復に向かわせる実際の取り組み方はいろいろな方法が有ろうかと思います。

その一つは地球上での現象のように、足し算も引き算もしないということが上げられます。

天変地異の発生から収束までつまり浄化作用は、太陽からの放射エネルギーを受ける以外は地球上にあるものだけで完結しております。

人体の浄化にもそれに習って、極力足し算も引き算もしないで私達にもともと備わっている浄化機能(自然治癒力)を引き出す断食もしくは少食の方法を実践するのが理に叶っていると思います。
体験から癌治療にも断食はとても有効だと確信しております。

注意

1型糖尿病を患っている方は、癌の治療に限らず断食療法は危険を伴ないますので避けるようにご承知下さい。

水断食または半断食療法を受ける場合は、事前に病院で1型糖尿病ではないことを確認の上受けてください


スポンサーリンク


関連するページ

副作用無しで絶大な治療効果の断食療法
食を絶つとどなたでも生命維持のために最小のエネルギーで生きていかれるよう、不要のものを体から排除し、危機的な状態状態から身を守る態勢を摂っていきます。

好転反応について
反応の現れ方は人それぞれの体質、疾患の程度、疾患の場所など状態によってさまざまなかたちで現れ、また出る時期 や期間も個人差があります。

断食の注意点
水断食を行う場合は、普段健康だと思っていらっしゃる方でも体質によっては予想外の反応を示す場合があります。

飢餓と病気に対応できる能力
飢餓の危機レベルは重度の病気を含む体調不良の危機レベルと同列のものとしてインプットされているように感じます。

病気を治すこと、治ること
「病気を治す」は人の知恵と技術で治すような、「病気が治る」は自然に寄り添い、自然と共生しながら自ずと回復し ていくという東洋的な発想の感じがします。

自然の流れに沿って
目標の達成はどんな分野でも簡単なものではありませんが、強い意思の向かう方向へは相当なことができてしまいます。

自然治癒力は生命への求心力
生命体には物理的、精神的両面にわたって生きるために必要なエネルギーを惜しみなく与えられ、重力のようにあるい は求心力のように常に生命のあるべき方向へ向けて作用しています

生命力 (治癒力)が喚起されるプロセス
生命力とは本人の体力や精神力、また周りの方たちからいただくお世話がその方に届くような人間性までも含め、それらを合計したエネルギーの総和

時代を超えて有効不変な治療システム
文明が変わっても、科学技術が進歩しても病気治癒への変わらない法則とは

生命と身体と病気
私たち人類は「生命力」ということばを何気なく使っていますが、しかしそれがどういうものでるかをほとんど理解できていません。

水断食 > 断食効果は体内天変地異


↑ PAGE TOP